hiko

記事一覧(12)

(お知らせ)共生科学会第10回大会

大会プログラム 6月9日(土曜日)  受付
10:00~10:20 自主企画 シンポジウム
ニュースパーク (A, B) 10:20~12:20  1「保護者が求める「支援」の在り方~当事者の声から学ぶ~」 企画者 三田地真美(星槎大学教授) 山田理絵 (星槎大学校友会・保護者)
山根佐智子(星槎大学・保護者)
星野料代 (星槎大学卒業生・保護者)
谷田悦男 (埼玉県立所沢特別支援学校)
鬼頭秀一 (星槎大学教授) 2「越境のライフヒストリー 改めて共生を問い直すために」
 企画者 村松陸雄(武蔵野大学)・村山史世(麻布大学) 三木柚香 (星槎大学)
小山田健 (小樽商科大学) 休憩
12:20~13:20
(理事会 12:30~13:20 場所:星槎大学大学院 5F Dルーム) 総会 ニュースパーク 13:30~13:50
総会 一般公開 シンポジウム
ニュースパーク 14:00~17:00  参加費無料
資料代500円 ニュースパーク 入場料を含みます一般公開シンポジウム
「いま改めて、共生の在り方を考えるー平成時代の終わりにあたって」 シンポジスト: 「ネット時代の子供の人権」渡辺真由子(メディア学者、ジャーナリスト) 「高齢化社会における共生のための医療」色平哲郎(佐久間総合病院医師) 「環境問題と環境的正義;3.11以降」鬼頭秀一(星槎大学教授) 「国家を超えた共生社会への道」高橋一生(日本共生科学会副会長) コーディネーター:山脇直司(日本共生科学会会長、星槎大学教授) 情報交流会 星槎大学大学院5F 17:15~18:45
会費 3000円 多くの方のご参加をお待ちしています 6月10日(日曜日) 一般発表 発表15分
質疑応答10分
ニュースパーク (A)
10:00~12:30 座長
北村浩一郎 (星槎大学) A1「ライフヒストリー曼荼羅ワークショップ」の基礎的研究 ~ライフヒストリー曼荼羅図と通常の年表型を使った場合の比較的検討~
三田地真美(星槎大学) A2「ボランティア活動で共生を学ぶ場を作り出す」
酒井絵理香(星槎大学大学院)坪内俊憲(星槎大学大学院) A3「成人期にASDと診断された当事者における就労支援に関する課題と
提言」~長期的就労を実現可能にするための必要要件の視点を中心にして~ 布川直樹(星槎大学) A4「共生社会構築のための紛争解決の在り方に関する考察」 ー学校教育における障害を理由とした差別解消のためにー 南館こずえ(インクルーシブ教育推進データパンク) A5「ボランティアからサービス・ラーニングの転換に向けて -ある公務員専門学校における取組み
太田麻由(星槎大学大学院)・杉山尚子(星槎大学大学院) A6「Building Peace in Kyosei Classrooms: Reducing Societal Conflict in
Arts」Richard K. Gordon(Seisa University/ California State University) Taichi Akutsu(Seisa University/ Shujitsu University) Miwako Hosoda(Seisa University) Shizuka Sutani (Fukuoka Women’s Junior College) Machiko Yoda (Seisa University)一般発表 発表15分
質疑応答10分
ニュースパーク (B)10:00~12:30 座長
岡田匡令 (淑徳大学) B1「ESDを保育に活かすー持続可能な社会の担い手を創る保育実践 ー真のやさしさとは
山崎浩子(すずのき台保育園) B2「環境教育の理念的枠組みの再構築と共生」
三木柚香(星槎大学) B3「人と自然の営みを持続可能にする地域ビジョンの形成とSDGsへの
期待」 畑正夫(兵庫県立大学) B4「遊び仕事から地域のサブシスタンスの痕跡をたどる学び」~共生教育と
してのESDのー実践 村山史世(麻生大学) B5「SDGs持続可能な開発計画とSF 国連仙台防災枠組みへの共生アプ
ローチ」 長岡素彦(地域連携プラットフォーム) 休憩
12:30~13:00 学会 シンポジウム
ニュースパーク

沖永良部島
旧下平川保育所
インターネット
回線で繋ぎます
13:00~16:00 学会シンポジウム
「ローカルが豊かになるための教科書つくり
今何を考えなければならないのか?」 開催場所 横浜メディアセンターx沖永良部島(旧 下平川保育所)
基調講演 「子や孫が大人になったときにも光り輝く美しい島つくり – 今、 何を考えなければならないのか?」  石田秀輝 (東北大学名誉教授、地球村研究室代表社員) 特別講演 「地域が豊かであるためには?」
吉澤保幸 (場所文化フォーラム名誉理事) 実施報告I 「持続可能な社会創生のための沖永良部島での活動」
外山利章 (知名町町議会議員 花卉農家)
古村英次郎(おきのえらぶ島観光連盟事務局長) 実施報告II 「海のごみ拾いからわかったこと」
竿智之 (星槎大学、美容師) うじじきれい団(沖永良部在住3姉妹)
ディスカッション 「今何を考えなければならないのか?」 共同座長 鬼頭秀一(星槎大学教授) (ニュースパークにて)
共同座長 細田満和子(星槎大学教授) (沖永良部島にて)◾️申し込み

(お知らせ)関係性の教育学会第16回(2018)年次大会

関係性の教育学会第16回(2018)年次大会日 時:2018年6月3日(日)
午前10時30分ー午後5時30分(受付開始10時) 会 場:大東文化会館ホール
(東武東上線・東武練馬駅徒歩3分) https://goo.gl/maps/uRerxbJubqy 
10:30 - 11:30 :総会および
ジャーナルにもとづく研究成果の共有 
11:30 - 12:30 ポスター(発表)セッション A3サイズ2枚(A4×4枚)にテーマ内容を余裕をもってお書きいただき、当日は壁面に掲示の上、決められた時間に(昼食も持参いただき)随時やりとりをしていただきます。  課題研究  13:00 - 15:00 現代社会におけるカジュアルヘイト  15:15 - 17:15 アクティブラーニング・PBLと地域連携教育 ・概要報告 関係性の教育学会 理事 長岡素彦 ・話題提供 発表者
  城西大学特任教授 勝浦信幸
  藤女子大学特任准教授 松田剛史 参加費:無料[会員・未会員を問わず]懇親会実費
 発表申し込み/ 参加登録:フォームにて登録願います。 http://epajapan.jimdo.com/年次大会/

発表応募: 名前、所属、mail, 懇親会参加を、発表希望者はタイトル(日本語あるいは英語)および要旨(日本語300字あるいは英語100語)もあわせて登録してください。 発表申込み期限:5月25日(金)
[5月28日(月)を目途に諾否をお知らせします]
 参加申込み期限:6月1日(金) / 当日受付可ですが、フォームへの登録を願います。
http://epajapan.jimdo.com/年次大会/ 問合せ:epajapan@gmail.com

(お知らせ) 「世界報道自由デー」フォーラム at 憲法記念日 アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター

「世界報道自由デー」フォーラム at 憲法記念日(第24回メディア情報リテラシー教育研究会) 
「ファクトチェックの力を確かなものに!〜日本におけるメディア、報道の自由、教育〜」 
 アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センターはジャーナリスト団体、ファクトチェック団体、平和団体、ESD団体などと「世界報道自由デー」に関するフォーラムを開催します。
 今年は「フェイクニュース」「デジタルシチズンシップ」とメディア・リテラシーについて、ジャーナリスト、市民、学生、メディア・リテラシー教育関係者が語り合う機会にしたいと思います。

一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)は、SDGs・ESD、ユネスコと公式に連携してメディア情報リテラシー(MIL)を推進しています。   世界報道自由デー(ユネスコ) https://en.unesco.org/wpfd
 「世界報道自由デー 」フォーラム概要  日時 5月3日(水) 1時-5時   場所 法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見坂校舎3階 
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/index.html ・F309教室
http://www.hoseikyoiku.jp/facilities/fujimizaka.html 当日、会場においでください。 主催 一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
    法政大学図書館司書課程共催 日本ジャーナリスト会議
      平和教育地球キャンペーン◉進行
主催挨拶とコーディネーター紹介 長岡素彦(AMILEC)  ◉第一部  「ファクトチェックと世界のメディア・教育の現状」 法政大学 坂本旬
 「言論の自由の砦としてファクトチェック実践 世界と日本の現状」ファクトチェック・イニシアティブ 楊井人文  「「記者と一緒に考える授業」づくりの実践から」東京新聞 鈴木賀津彦 ◉第二部では、質疑応答、論議をしたいと思います。  facebookhttps://www.facebook.com/events/145418426290511/連絡 このサイトまで

(お知らせ)フェイクニュースの授業の成果発表 アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター

(お知らせ)未来の学びと持続可能な開発・発展研究会  名古屋研究会

(↑会場は写真ところではないです。
未来の学びと持続可能な開発・発展研究会 
 名古屋研究会 日時 2018年3月18日 17時-19時場所 名古屋国鉄会館  会議室 桜 (名古屋駅 徒歩5分)
  愛知県名古屋市中村区椿町20−15
http://www.kaikan.758p.com/?page_id=12  未来の学びと持続可能な開発・発展研究会は、異なる専門分野(社会学、法律学、環境心理学、行政、教育等)の実践的な研究者の分野横断的・越境的研究・実践団体です。
 主なテーマは「持続可能な開発・発展・SDGs持続可能な開発目標」と「教育・PBL (Project Based Learning・Problem Based Learning)・ESD(Education for Sustainable Development)」の実践と研究です。
  今回、長年中部圏と世界でご活躍された淺川先生の「こころ・からだ・教室・地域・世界をつなぐ」を行います。また、村山先生からもつなぐ講演あります。 主催 未来の学びと持続可能な開発・発展研究会  共催 関係性の教育学会 淺川先生退官記念 「こころ・からだ・教室・地域・世界をつなぐ」
   東海学園大学教授 淺川和也 「師弟同行の学びと遊びでつなぐ大学と地域とサブシステンス」
   武蔵野大学客員准教授・麻布大学講師 村山史世 参加費無料・参加者は必ず下記までご連絡ください。

   未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)     
  fumimura@musashino-u.ac.jp