フェイク・ニュース時代のメディア情報リテラシー講座 in 山梨

AMILEC企画 第27回メディア情報リテラシー研究会

フェイク・ニュース時代のメディア情報リテラシー講座 in 山梨

 メディア情報リテラシーとはメディア・リテラシー(民主主義社会におけるメディアの機能を理解し、メディア・コンテンツを批判的に読み解き、創造・コミュニケーションする能力)と情報リテラシー(情報の必要性を把握し、収集・整理・評価する能力)を統合・発展させた新しい概念です。「ユネスコ・メディア情報リテラシー・パートナーシップ同盟」の加盟組織であるAMILECが、この度初めて山梨でメディア情報リテラシー講座を開催します。AMILEC代表の坂本旬(法政大学教授)による「メディア情報リテラシーとフェイク・ニュース」と題した講演と共に、AMILECメンバー藤原広美(駒沢女子大学非常勤講師)が県立都留校での「メディア・リテラシー授業の事例報告」を行います。 

 山梨県でメディア情報リテラシー教育を推進していくために、教職員、図書館司書、ジャーナリスト、市民、学生が語り合う機会にしたいと思います。


 学校、図書館・学校図書館、メディアととも国連ユネスコのMILメディア情報リテラシーではSDGsを中心にして相互理解、メディアリテラシー、情報リテラシーを推進しています。

 山梨で山梨日日新聞社、山梨放送、エフエム甲府などのご後援をいただき行います。

 いままでも各地で開催してきましたが、開催のニーズに応じています。


●主催

・AMILEC(アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター)

●共催

・(一社)地域連携プラットフォーム

●後援

・山梨日日新聞社 山梨放送 エフエム甲府

●日時 11月15日(木)18:30 〜 20:00

     

●場所 山梨県立図書館 2F 多目的ホール

    山梨県甲府市北口2−8−1(甲府駅北口徒歩1分)

    https://www.lib.pref.yamanashi.jp/access/index.html

 

●参加費(資料代含む)500円(学生は無料)

    ※事前申込の必要はありません。


●内容

司会・進行  AMILEC 運営委員 長岡素彦( 一般社団法人地域連携プラットフォーム 代表理事)

1. メディア情報リテラシーとフェイク・ニュース(講演と簡単なワークショップ) 

             AMILEC代表・法政大学教授 坂本旬

2. 山梨での事例報告

山梨県立都留高校での「メディア情報リテラシー授業」事例報告 

             駒沢女子大学非常勤講師 藤原広美

3. ディスカッション


facebook

https://www.facebook.com/events/2087405097983577/

Sustainablefuture.jp

誰もが自分らしく、誰もが生きやすく 持続可能な未来へ              想いをカタチに                           大切なことを伝えよう                                   学びを力に  政府や自治体、企業、教育機関、CSO市民社会組織(NPO・ NGO)などと協働し、持続可能な開発(SD:Sustainable Developme