(12/5) これからの地域・自治体に必要なSDGs(2030アジェンダ) 講義とワークショップ

これからの地域・自治体にSDGs(2030アジェンダ)の講義とワークショップ


これからの地域・自治体に必要なSDGs(2030アジェンダSDGs)の講義とワークショップを行います。

 まちづくり・自治体の現場と遊離した「SDGs」を自治体・まちづくりの現場から考え直し、担い手としての自治体職員や住民、自治体を目指す学生に現場からの持続可能な地域づくりのための2030アジェンSDGsによる自治体・まちづくりの考えたいと思います。

 みんなで共有できる持続可能な地域づくりのための想いあるビジョンつくり、戦略的コラボレーション(新しい協働)をすすめ、そして、地域の共創を持続可能な問題解決型のまちづくり学習(ESD)とSDGsによる「誰一人取り残さない」の推進(SDGsロードマップ)について専門家からお聞き頂き、簡単なワークショップを行います。(このワークショップでは発言等を強制するものでありませんのでお気軽に)


日時 12/5日(土)  13時~17時  (12時45分開場)

場所 ネット

対象 どなたでも歓迎(市民・学生・公務員・会社員歓迎)


内容

レクチャー

(仮)持続可能な地域づくりのためのビジョンと戦略的コラボレーション・SDGs

  兵庫県立大学教授 畑正夫先生

(仮)地域の共創のための持続可能な問題解決型のまちづくり学習・ESD

  宇都宮大学教授 陣内雄次先生

(仮)コメント 城西大学客員教授 勝浦信幸先生

ワークショップ(含むレクチャー) 

一般社団法人 地域連携プラットフォーム 共同代表理事 長岡素彦


ワークショップ(含むレクチャー) 

一般社団法人 地域連携プラットフォーム 共同代表理事 長岡素彦


申し込み


Sustainablefuture.jp

誰もが自分らしく、誰もが生きやすく 持続可能な未来へ              想いをカタチに                           大切なことを伝えよう                                   学びを力に  政府や自治体、企業、教育機関、CSO市民社会組織(NPO・ NGO)などと協働し、持続可能な開発(SD:Sustainable Developme